ご本人と一緒♪

0
     16日の水曜日、Akiraさんにお会いしました〜

    私たちのCDの中で、「ミタクオヤシン」「ありがとう」
    の曲をカバーさせていただいた、アキラさんです。

    私は、アキラさんの本を読み、曲を聴き、大ファンになりました。
    初めて、ONSENSのライブ(その当時はONSENSというバンドで
    歌っていらっしゃいました)に伺ったのは、ちょうど結婚が決まった頃でした。

    結婚の記念に、私たちの肖像画を油絵で描いていただきました。
    構図の撮影に、日光のご自宅にお伺いしたの懐かしい。。。
    アキラさんは画家でもあるのです。

    ご自宅で手料理でごちそうしてくれるということで、
    「辛いのはちょっと苦手です」と自己申告してあったのもすっかり忘れ、
    スパイシータイ風カレーを、精魂込めて作ってくださるようなお茶目な方です。(笑)

    アキラさんは、画家小説家ミュージシャンという様々な顔を持つ多才な方で
    どの表現も、アキラさんの熱い魂が込められていて、
    生きることのすばらしさ命のきらめきにあふれていて感動します。

    16日は、そんなアキラさんが千川の千早高校にて講師として
    「生きがいの発見」というテーマでトーク&ライブをされるとのこと。

    千川は上福岡から有楽町線ですぐ!
    お会いしてCDを直接お渡しできるチャ〜ンスということで
    トーク&ライブに行こう〜と思ったら、
    この講座は様々なジャンルの方が講師をつとめ、全8回の講座の中の2回目ということで
    申し込みも終わっていて、参加は難しい。
    とりあえず始まる前に、お会いして渡すことができれば。。。

    ところが!!アキラさんのお手伝いということで、
    トーク&ライブに参加させていただき、CDもお渡しすることができたのです

    自分の過去の人生、今、がんと闘っていることの経験から、
    生きることのすばらしさを、熱く熱く語り、力一杯歌う姿に、
    いつものことながら、胸が熱くなって思わず号泣しそうになるのを
    うるうる程度にこらえる。。。(何しろ私はお手伝いの身)

    そのお手伝いというのは、なんとアキラさんのアンコール曲のコーラスをするというもの。
    「Move Move Move」「なんくるないさ」それに、カバーさせていただいた
    「ありがとう」をご本人と一緒に歌わせていただきました〜
    ほんとに、うれしい〜




    100名近い受講生の方々は、アキラさんの熱いメッセージを真摯に受け止め
    一緒に帰った受講生たちは、たくさんの言葉に影響されたと言っていたし、
    「負けろ!」(ハイボクノウタ)また聴きたいなぁと言ってました。
    フフッ、こうして世の中に「アキラマニア」が、また増殖していくのね

    アキラさん、はるなさん、本当に「ありがとう」ございました
    講座を主催された千早高校の先生、実は、熱いアキラマニアのマサさん、
    お世話になりました

    アキラさんが書いたトーク&ライブの様子、受講された方々の感想は、
    アキラさんのブログをご覧ください。
    クリックすると、「アキラマニア」への道が開けます。って書くと宗教みたい(笑)

    CD制作を振り返って その3♪

    0
      CDを発売して、2週間以上が過ぎました。
      発売早々に購入していただいた方に、心から感謝申し上げます。
      有難うございます

      そして、発送を待ってくださっている方には、
      一日も早くお届けするべく、準備しておりますので、
      もう少々、お待ちください。
      本当に申し訳ありません。 m(__)m

      初CDのジャケットデザインは、当初、きれいな風景写真でも探そう
      くらいにしか考えていなかったのですが、
      友人の大川久美子さんにお願いしたところ、
      快く引き受けてくださり、とっても素敵なデザインに仕上げていただきました。
      購入した方から、「スタジオ撮影?」ときかれましたが、
      いえいえ、我が家で大川さんが撮影したものです。

      リーフレットも、真っ白で歌詞が書いてあれば良いと思っていましたが、
      大川さんが撮影した、本当に美しい写真を入れてくださったおかげで、
      ぐ〜んと、りっぱなものに仕上がりました。

      ただ、データの関係で大川さんのオリジナルより、
      やや書体や、印刷の色味が異なってはいますが、許容範囲ということで。。。、

      忙しい中、時間を割いてくださって、こんなに丁寧に仕上げてくださったことに
      ただただ、感謝です

      そして、プレス、印刷から最終的に「完パケ」の商品を制作してくださった
      ケーアンドエフオフィスの小林さん、大変お世話になりました。
      小林さんは、私たちの予算を考慮して、制作を検討してくださり、
      全くの素人の私たちに、丁寧に対応してくださいました。

      本当にたくさんの方々にお世話になり、CD発売ができたことに
      心から感謝しています

      さぁライブ活動がんばろうっと 

      つ、ついに、CD発売!!!

      0
        お待たせしました〜

        とうとう、ペーパームーンのCD、

        「あなたに会えて...」
        が完成し、

        発売の運びとなりました。

        3月30日目標の今月中に、
        何とかぎりぎり間に合いました。


        首を長くして待っていてくれた方が、きっといる、、、はず、、、

        とにかく、ついについに、この日を迎えられて、
        ものすご〜く、うれしいです

        発売しましたと言っても、梱包発送など、販売方法については
        まだまだ準備不足で、これから色々考えないと。

        でも、基本手売り作業なので、とにかくライブ活動を続けて、
        ペーパームーンを知っていただき、
        一人でも多くの人に、私たちの音楽を聴きたいと思っていただけるように、
        頑張っていきたいと思います

        CD制作を振り返って その2♪

        0
           レコーディングエンジニア 重信将志さん編

          レコーディングエンジニア、ウィキペディアには、
          レコーディング・エンジニアの第一の責務は、レコーディングにおいて歌や演奏を的確によりよい音で録音することにある。
          エンジニアという専門職が必要とされるのはスタジオとコントロール・ルーム内にミキシング・コンソールや各種エフェクター等の電気または電子的音響機器が数多く介在し、それらハードウェアをエンジニアリングするからであり、音楽の知識・素養、機材の使い方だけではなく、最低限の電気工学や音響工学などの専門知識も必要とされる。

          そして、エンジニアは録音音源となるシンガーや楽器と最も近い立場にいることから、アーティストや音楽プロデューサー、ディレクターらが求める音質及び音楽性を把握信頼関係を構築し円滑なコミュニケーションをとる能力も必要とされる。特にミキシングはエンジニアの個性や感性が最も顕著に表れる作業であり、この善し悪しでエンジニアが選定されることが多い。

          と書かれいてますが、まさしくこの通り

          おだやかで、やさしい人柄で、
          音楽に対するまっすぐな姿勢と、豊かな感性の重信さん
          レコーディングミキシングシンセサイザープログラミング
          一手に引き受けてくださり、
          どれ程、お力添えいただいたことか。。。



          ちなみに、レコーディングの方法というのは色々あって、
          全員で演奏して一度に録ってしまう「一発録り」といわれる方法と、
          パートごと順番に録っていく方法。
          または、一発録りとパートごとのレコーディングを混ぜた形式もあります。
          どの方法も、メリット、デメリットがあり、
          通常、最終的に出したい音の目的や時間のかけ方によって決めることになりますが、
          私たちは、全部の方法を体験させていただきました。

          結局、ほとんどパートごとに録る方法で仕上がりましたが、
          その時間のかけ方は膨大になってしまいました。
          休憩時間もほとんどとらずに私たちにお付き合いくださって、、
          「演奏する人のほうが大変ですから」
          ほんとに、いつもおだやかに言ってくださいました
          曲の個性、私たちの演奏のカラーを十分に理解して、
          アドバイスをくださり、最後の最後まできめ細かい仕上げをしてくださったおかげで、
          私たちにとって、どの曲もほんとうにいとおしい曲となりました

          ヴォーカル録りのない日は、主人と重信さんは、男同士、
          ボーイズトークに花がさいたようで、
          違う意味でも、楽しい経験だったみたいです。(笑)

          重信さんには、感謝でいっぱいです。
          本当に有難うございました


          CD制作を振り返って その1♪

          0
            Special Thanks マミィズボイススタイル 濱田真実先生

            私がレコーディングを初めて体験したのは、
            友人で、クリスタルボウル奏者のようこちゃんが、CDを出すとき、
            クリスタルボウルの演奏で、歌ってほしいと依頼された時でした。

            「Play Play Pray」というCDに、「羽衣」という曲が収録されています。

            その時CDを録音した場所で、レコーディングを担当された重信さん
            私たちペーパームーンのCDも、制作していただきました。
            その当時は、自分が再びここでレコーディングをするなんて、夢にも思いませんでしたが。

            クリスタルボウルのレコーディングの時、
            重信さんの奥様が、歌手であり、ボイストレーナーで、レッスンをされていると伺い、
            歌うことや、声に対して、たくさんの問題を抱え、疑問を持っていた私は、
            すぐに、レッスンをお願いしました。

            その方が、濱田真実先生で、私が主人とユニットで歌うこと、
            今回のレコーディングに至るまで、ど〜んと 後押ししてくれた、恩師です。

            私の問題、練習で歌えば歌うほど喉を痛めてしまう、
            仕事で講義をすると、喉が痛くなり、声帯がはれて、ドクターストップになったことも。。。
            そもそも、自分の歌声にコンプレックスがある、などなど。。。。。。

            真実先生は、そんな状況を一つ一つ丁寧に分析し、
            克服するための様々な練習を、根気よく指導してくださいました。
            その指導は、単なるテクニックにとどまらず、
            その問題を引き起こす根本的なメンタルケアーが、とてもきめ細かいことが特徴です。
            必死に、かたくなって歌う私に、
            先生自身が、かつて大好きな歌を歌えなくなった時期のことなど、
            とてもフランクに話してくださって、
            「もっと軽くなっていいんだよぉ〜」
            とおおらかに、素敵な笑顔で、何度もおっしゃいました。

            最近のライブの後、友人に「声がのびやかになった」と言われたのも、
            レコーディングで、私の歌が、とりあえず聴いていただけるように仕上がったのも、
            先生の熱い指導があったからです。

            今も、もっと進化した自分の声と表現活動に向けて、先生のレッスンは継続中です

            1

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            Clock

            Profile

            profilephoto
            ■ユニット名
            ペーパームーン
            ■活動拠点
            ふじみ野市上福岡
            生まれも育ちも上福岡で、中学の同級生の二人です。 縁あって結婚してから、夫婦で音楽活動をはじめました。 上福岡ココネ広場ライブアーティストとして登録していて、上福岡駅前での路上ライブをはじめ、フォーク居酒屋「でんつくばんつく」を拠点に、ライブ活動をしています。 また、老人福祉施設などでのボランティアとしても演奏をしています。

            selected entries

            categories

                       

            links

            archives

            recent comment

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            recommend

            PR